フランス環境問題(地下鉄編)

パリの地下鉄メトロを初めて利用したときの感想は薄暗いなあという感じでした。ごみが線路上にたくさん落ちているし、壁に貼られたポスターはずたずたに破られ、ホームレスの人の何とも言えない臭いがしてきたのを覚えています。

このぺージでは、そんなメトロで起こっている問題、そして対策などをご紹介していきます。

【メトロ内の大気汚染】
最近読んだ新聞記事に興味深い記事が載っていたのでご紹介します。

metro

あるドキュメンタリー番組で、メトロ内の微小粒子による高い大気汚染率が非難されていたのですが、RATP(メトロ)は初めてそれを説 明し、問題はないと安心させる姿を見せました。

RATPの地下交通機関の空気の質について集めたデータの調査結果では、直径が2.5から10ミクロメートルの微小粒子が空気中に浮遊 するとのことでした。

しかし実際、Canal+(カナルプリュス/テレビ会社)のジャーナリストチームが入手した機密文書には、RATPによって調査された 微小粒子の数値はかなり高い汚染度を表していたそうです。

メトロ内の微小粒子のほとんどが、レールがすれる際に排出、あるいはまた車両のブレーキシステムに問題があるとされており、それらの微 粒子を列車が空気中に舞い上げているのです。そして乗客や従業員の身体にその微粒子を浴びせることに。

CSHPF(le Conseil superieur d’higiene publique de France/フランス公共衛高等議会)は、2001年に、メトロ内1立方メートル当たりの微粒子量を最大347ミリミクロメートルとし、平均的にこの値 が守られることを奨励。RATPによると、RER(パリ市内近郊を走る線)の一区間においてのみその数値を超えていたということだ。しかし、ジャーナリストらによると、時間によっていくつかの地下鉄駅内で数値を超えることを指摘。たとえば、Chatelet-Les Halles(シャトレ レザル駅)では午後5時から7時の間において1200ミクロメートル以上の数値を示し、また RERのGare de Lyon(リヨン駅)では2400ミクロメートルまで数値が上がった。

≪あくまで規格数値は存在しない。我々の目標はCSHPFの奨励を達成することだ≫と、RATPの責任者は強調する。レールの近代化、 電気ブレーキの普及、ならびに清掃電車や3台の電車掃除機が汚染物質排出を縮小のために導入されたが、その結果は大きなものではなかった。

≪医療追跡調査においても何も臨床的証拠は見つけられない≫と、RATPの専属医師は述べる。RATPによって実行された健康死亡調査によっても同じ結果である。

肺に深く浸透し、微小粒子は毎年348,00の早期死亡をヨーロッパで引き起こしている。EUではすでに戸外における微小粒子率を1立 方当たり50ミクロメートルと上限を設けている。将来的には閉ざされた空間においても規定が定められることだろう。≪新鮮な空気を吸うことは健康であるた めに欠かせない条件である≫と世界保健機構もはっきり述べている。

会見の終わりに、RATPは公衆とうまくコミュニケーションがとれなかったと認めた。2008年には、全ての交通機関において利用者がどのような有害物質にさらされているのかという報告をまとめる予定だ。

以上 フィガロ紙 2007年6月
訳/aki

【メトロとエコロジー】

recycling

2007年5月25日より、メトロ14番線において乗客らにゴミの区別を勧める対策が始まった。実際この14番線の全スペースに今後リサイクル用の黄色い集積所が設けられる。リサイクル用には新聞、プラスティック、油脂などで汚れていない紙、あるいは電車の切符などが回収される。

毎年7、000トンのゴミがRATPの全ラインから集められ、そのうちの半分はリサイクルのできるゴミが占めている。

乗客を対象にしたアンケートでは、このようなRATPによるイニシアティヴは95パーセントの人々によって支持され、97パーセントの人々が環境によい行いだと評価している。

RATPは今後Ile-de-France RERの駅にこのシステムを取り込む予定。そしてメトロの駅にも補足的に追加していく。

以上 フリーマガジン A NOUS PARIS
訳/ aki

いつも利用しているメトロ。本当にゴミやたばこの吸殻が多い。リサイクルについても、うちではプラスチック などの容器は洗って選別していますが、アパートの集積所に集められるゴミはごった混ぜ(がっかりさせられることが多い)。このメトロのリサイクル袋が活躍 してくれることを願います。メトロ内がきれいになるといいですね。

関連ページ

フランス人の通勤
フランス環境問題(大気汚染)
フランス環境問題(大気汚染対策)
フランス環境問題 (農薬編)
世界環境ランキング