パリ16区アールヌーボー建築巡り II

パリ16区アールヌー ボー建築巡り I に続く第2弾ぺージです。今度はエリアを変えて、ギマール建築を追ってみましょう。まだまだ不思議な建物がここ16区には隠れています。目を凝らして歩いてみましょう。

今回の散策エリアは、

(地域:パリ16区 メトロ9番線 Auteuilオートイーユ ~ Chardon Lagacheシャルドン・ラガシュ

この辺りは私も毎日のように通っている地域で、以前から変わった建物だなあと思っていました。歴史を知ってやっとすっきりした気分で す。

chardon
Hotel Delfau 1er, rue Molitor (1894)
メトロChardon Lagacheシャルドン・ラガシュを降りてすぐのところにあります。通りから少し奥まったところにあり、知らないと、そのまま通り過ぎてしまいそう。

chardon

chardon
Villa Jassede 41, rue Chardon Lagache (1893)
こちらが、いつも不思議だなあと思っていた建物です。この窓の並びといい、デザインといい、不思議です。

chardon

chardon
Projet d’immeuble de rapport 147, avenue de Versailles (1910)
空に突き出すような屋上の屋根が特徴的。でもこの辺り犬の糞がすごいんですよね。悲しいことに。

chardon

chardon
Atelier Carpeaux 39, Bl Exelmans (1894)
Jean-Baptiste Carpeauxという彫刻家のアトリエ。彼の死後に建物が何人かに手直しされ、その中の一人がギマールでした。

chardon

chardon
Hotel Rosze(左)  34, rue Boileau(1891)
メインの通りから少し離れ裏通りのような場所にあります。4月頃になると写真のように藤の花で満開。そのお隣にある大使館(写真右)の建物もデザインが凝っています。

パリ16区アールヌーボー建築巡り III へ続く。