パリ16区アールヌーボー建築巡り III

パリ16区アールヌー ボー建築巡り I パ リ16区アールヌーボー建築巡り IIに続く第3弾ぺージ。今回はメトロ9番線JasminジャズマンをAuteuilオートイーユへ向かって歩 きます(オートイーユからジャズマンでもいいのですが)。第1弾で紹介したエリアとすぐ近くです。

今回の散策エリアは、

(地域:パリ16区 メトロ9番線 Jasminジャズマン ~ Auteuilオートイーユ

メトロでJasminジャズマンへ行き、そこから歩いてほんの10分足らずの地域にアールヌーボー建築がいくつか点在しています。いつ も通ってるのになあ、今回もまたそう思いながら歩いていました。

Hotel Particulier 3 square Jasmin (1922)
静かな通りに隠れるかのように、周りとは明らかに異なる目を引く建物が。細部にまで細かく装飾がされています。

jasmin

jasmin

jasmin

jasmin

Immeuble Guimard 18, rue Henri-Heine (1926)
こちらもおもしろいデザインです。でも、この3つの窓がワンセットになっているのはギマールの特徴ですね。

jasmin

jasmin

jasmin

Villa Flore 120 Avenue Mozard (1924)
テトリスのようなデザインです。

jasmin

jasmin

Hotel Guimard 122, Avenue Mozard (1913)
ギマール邸。左下の写真が正面、そして右下の写真が側面から撮った写真です。この家の中がどうなっているのか、興味をそそられます。

jasmin

jasmin

地上階はギマールの設計スタジオ、上の階は画家であったギマール夫人のアトリエ、そしてその間の階が居住空間だったそうです。

jasmin

jasmin

迫力のある門構え。なんだか飲み込まれそうな感じがします。

jasmin

Immeuble de graconnieres 36, rue Greuze (1927)
こちらは、ちょっと離れてしまいますが、メトロJasminから2つ行ったRue de la Pompe(ルー・ドゥ・ラ・ポンプ)にある建物です。

rue de la pompe

rue de la pompe

Immeuble de rapport 38, rue Greuze (1928)
そしてそのお隣の建物もつづいています。

rue de la pompe

rue de la pompe

rue de la pompe

3回に分けてお届けしたアールヌーボー散策。16区の静かな街中を散歩してパリの雰囲気を味わってみるのも良いのではないでしょうか。 カフェでお茶して休みながらでも。