サント・シャペル

Sainte Chapelle サント・シャペル

シテ島の左側に位置する建物、Palais de Justice最高裁判所の敷地内にそのチャペルはあります。狭い入り口の前にいつも観光客の列が通りを埋め尽くしていて、いつか行こうと思いながら今度今度となかなか行けずにいました。でも今回は日本からの訪問客があり、一緒に行くことに。この日は思っていたよりも人が少なくスムーズに。

メトロ4番線シテで降り、パリ警視庁を正面に右へ向かって行くと最高裁判所がありまあす(左下写真)。その裁判所の立つ通り少し左に入っ た所に入り口が設けてあります。入り口で手荷物検査を受けて、そしていざチャペルへ。最高裁判所の一角にこんな建物が現れます(右下)。こんな場所にこん なチャペルがあるなんて少しびっくり。外から見るとものすごい門構えの裁判所のイメージしかなかったので。

palais de justice

chapelle

では、このチャペルの歴史をさかのぼってみましょう。13世紀にSaint Louis 「聖王」と呼ばれていたルイ9世が、十字軍の遠征で手に入れたキリストの「茨の冠」を納めるために建てたのがこの2層式ゴシック様式の礼拝堂でした。

ルイ9世が1230年に王位につくと、国の政治的、宗教的基盤を強めなければならないと考え、聖遺物のいくつかを買い求めたいとオリエ ンタル皇帝ボードゥイン2世と交渉を開始しました。1239年、交渉がうまくいき、パリはキリストの「茨の冠」を受け取ることに。2年後にはHoly Cross(聖なる十字架)も獲得しました。

chapelle

chapelle

まずは一階。黄金色に、でもどこかぼんやりとした不思議な空気の漂う空間。たくさんお土産も売っていましたが・・・。

shapelle

chapelle

そして上層には、高さ15mのステンドグラス。こちらは世界最大、パリ最古と称され、出エジプト記や聖マリアの生涯など聖書を題材に描 かれています。狭く暗い階段を上り、2階へ着くとまるで別世界かのように輝く空間が。「聖なる瞳」とも呼ばれているそうです。

chapelle

また椅子がステンドグラスを向いて並べてあるので、そこに座りながらじっくり鑑賞するのもいいかもしれませんね。こんな建物をどうやっ て昔の人は作ったのだろうと。どこの国でも同じですが、古い建築物というのは、芸術性、技術性に優れていて、材料物資など制限が多かった時代にこれだけのものが作れるなんてと、いつも思うんですよね。

【Sainte-Chapelle 入り口】
4 boulevard du Palais  75001 Paris
Tel: 33 / (0)1 53 40 60 80
Fax: 33 / (0)1 53 40 60 90

【オープン】
9.30 am – 6.00 pm 3月1日~10月31日
9.00 am-5.00 pm 11月1日~2月29日 (30分前には入場終了)
1月1日、5月1日、12月25日は休館

【料金】 7.50ユーロ *サン・シャペルとコンシェルジュリーの共通券11.50ユーロ

【関連サイト】 La Sainte Chapelle

Conciergerie コンシェルジュリー

さて、一度この裁判所から外に出て、今度は通りの右側にある入り口からコンシェルジェリー(門番)へ。もともとは14世紀にフィリップ 4世によって王宮として建てられたゴシック様式の建物です。 しかし14世紀からは監獄として使われ、18世紀フランス革命後には多くの貴族や革命家が刑 の執行前にここへ幽閉されました。また1793年の8月から10月まで、マリー・アントワネットが処刑されるまでの76日間を過ごした独房なども再現されています。

chapelle
マリー・アントワネットの独房

chapelle

chapelle
マリー・アントワネットが最後に口にしたかもしれないという水を飲む際に使ったとされる水差し(右)。

【Conciergerie 入り口】
2, boulevard du Palais  75001 Paris
Tel: 33 / (0)1 53 40 60 93
Fax: 33 / (0)1 53 40 60 96

【オープン】
9.30 am – 6.00 pm 3月1日~10月31日
9.00 am-5.00 pm 11月1日~2月29日 (30分前には入場終了)
1月1日、5月1日、12月25日は休館

【料金】 6.50ユーロ *サン・シャペルとコンシェルジュリーの共通券11.50ユーロ

【関連サイト】 La Conciergerie