ロワールのお城

Chambord (シャンボール城)
フランソワ1世の狩猟小屋として始まった城は、1519年から1547年にかけて建設されていきました。お城の見所としては、何と言っても二重螺旋階段。この二つの階段を使えば相手に出会うことなく3回に昇り降りができるのです。 豪華絢爛なお城ですが、実際フランソワ1世が滞在したのは32年間の統治生活の中で72日。お城が完成する前にこの世を去ることになります。現在のお城の姿はその後に続く王、アンリ2世とルイ14世が築き上げました。 あくまでも王様の狩猟が目的であったため、お城の中は部屋というよりもオープンスペースが多い。なんと贅沢なことでしょう。

2014-07-21 14.16.45 クリック

2014-07-21 15.02.53 クリック

DSC_0047

とにかく敷地が広い。パーキングまでのながーい道のり。そしてまたパーキングからお城まで歩いて行きます。あ、パーキング料金の払い忘れに注意してください。パーキングで払うのではなく、お城の近くに料金所があるようです。私達はそれに後で気がつき、また長い道のりを歩くはめになってしまいました・・・。

Chambord  オフィシャルサイト

お昼は、お城を見ながらフランス料理はいかがでしょう。ちょうど出発する1ヶ月前にフランスの雑誌でおすすめとあったので予約してみました。

Restaurant du Grand Saint Michel

103 place St-Michel, 41250 Chambord, France

2014-07-21 12.54.21-2

2014-07-21 13.15.55

お天気がいいと、外でお城を目の前に食事を満喫できるでしょう。お店の名前を見ると高級な感じがしますが、料金も味の方もカジュアルです。

Château du Clos Lucé (クロ・リュセ城)
こちらはレオナルド・ダ・ヴィンチが住んでいた館です。1516年フランソワ1世の招きでイタリアからやって来ました。当時既に60歳を超えていたダ・ヴィンチはここで約3年間過ごすことになります。

2014-07-21 09.31.21

2014-07-21 09.32.44

ここはかなりおすすめ。いろんな発明品が模型と一緒に説明されていてとてもおもしろい。

2014-07-21 09.58.55

2014-07-21 09.56.38

DSC_0042

DSC_0034

庭もかなり広いです。そして至る所にダ・ヴィンチの発明品が。実際動かして試してみることもできますよ!

Château du Clos Lucé  オフィシャルサイト(音に注意)

Chenonceau (シュノンソー城)
貴婦人たちの城と呼ばれるように、このお城の城主は6人の女性でした。

ディアーヌ・ド・ポワティエ:国王アンリ2世の愛妾。
カトリーヌ・ド・メディシス:アンリ2世の正妻。アンリ2世の未亡人となった後、ディアーヌ・ド・ポワティエを城から追い出し、城の建設工事を進める。
ルイーズ・ド・ロレーヌ:アンリ3世の妻。アンリ3世を失くし、シュノンソー城に引き蘢り祈りの日々を送る。
ルイーズ・デュパン:シュノンソー城が大地主クロード・デュパンに売却。ルイーズはその妻。城で知識人サロンを開催。フランス革命でシュノンソー城を守った。
マルグリッド・ペルーズ:産業資産家出身。ディアーヌ・ド・ポワティエ時代の城の姿に復元するため多大な費用を投じる。しかし政治的陰謀に巻き込まれ破産。その後シュノンソー城は数回に渡り売却。
シモーヌ・ムニエ:第一次大戦中、城のギャラリーを病院に改装。看護婦長として病院を運営。

おそらく一番印象に残るのはルイーズ・ド・ロレーヌの居室ではないでしょうか。彼女は夫アンリ3世が亡くなった後、ずっと白い服を身に付け瞑想と祈りのためにこの城に籠りました。真っ暗なその部屋に入ると、その悲しみが伝わって来そうです。

DSC_0069

DSC00236

シェール川にかかる美しいお城です。川ではボート遊びをする人々も。昔もこんな感じだったのでしょうか。

2014-07-21 17.27.49

ギャラリーです。ここが戦時中病院として機能していたんですね。第二次世界大戦ではこのシェール川はドイツ軍に占領されており、城の入り口(右岸)は占領地区側、ギャラリーの南側の扉は左岸の非占領地区になっていました。

Chenonceau オフィシャルサイト