ブールジュ

お城で有名なロワール地方にある都市ブールジュ。元はケルト人が設けた集落があり、共和政ローマ時代のガリア戦争ではカエサル率いるローマ軍とガリア軍の戦いの場所ともなりました(アウァリクム包囲戦)(ウィキペディアより)。

そしてこの町の見所といえばサン=テチエンヌ大聖堂。12−13世紀にかけて建設された司教座聖堂で、シャルトルの大聖堂と並ぶフランスゴシックの代表的建築と知られています。1195年にブールジュ大司教アンリ・ド・シュリがブールジュ司教座大聖堂の教会参事会に贈り物をしたことが、それまで小さかったロマネスク様式の聖堂から大聖堂へと建て替えるきっかけとなったそうです。

そして1992年にはブールジュ大聖堂としてユネスコ世界遺産に登録されました。

DSC00239

2014-07-22 08.28.09

大き過ぎてカメラに納まりません・・・。

2014-07-22 08.32.26

2014-07-22 08.38.11

2014-07-22 08.35.25

DSC00240

この柱の大きさが伝わるでしょうか。ブールジュ大聖堂には他の大聖堂と違って翼廊が存在せず、そのことによって視界が開け、内部の空間が広大に感じられるのだそうです。

小さな町ですが、この大聖堂周辺には中世からルネッサンス期に建てられた美しい建物が点々と集まっており、のんびり歩いてみるのもいいかもしれません。

ブールジュ観光局